代表者挨拶

話を聴く、伴走する、が私の原点

こんにちは。ライフクリエイション代表の清水健太郎と申します。私は2008年に独立し主に若手人材を育成する分野で仕事をして参りました。現在は学生から経営者までを対象に、就職したい人から採用したい企業のサポートを大人数のセミナーから個別カウンセリングというスタイルで行っております。セミナーの登壇数は1000回以上、個別カウンセリング人数はのべ1万人を超えました。原点になっているのは「話を聴く」ことが得意だと言う自己認識です。幼少期に体が弱かった私は自然と人の話を聴く側に回ることが多くなっていました。

 

<代表 清水健太郎 プロフィール>

1970年さいたま市(旧大宮市)生まれ。幼いころから体が弱く中学卒業くらいまで喘息で入退院を繰り返していた。引っ込み思案の性格も合わさっていじめの対象になることも多々。そのせいか弱者や出来ない方の気持ちがわかるようになり自己主張を強くするというより人の話を良く聴くという特徴が磨かれる。

 

大学卒業後は百貨店に就職。10年勤務の後、「話を聴く」ことを活かしたくカウンセラーの資格を取得しました。専門学校の就職課で学生の就職相談に乗る仕事を5年務めた後、独立。現在に至る。独立後は大学で学生の就職支援業務、企業で研修及びコンサルティングに従事。これまでの相談件数は1万人以上、登壇回数は1千件以上。

 

現在の主な業務内容

 

■2代目社長専門のご相談スペース 癒しの茶室『然』運営

■従業員50名以下の採用アドバイス『採用成功塾』運営

■小さな組織の人事制度設計や育成アドバイス『丸の内人事塾』運営

 

 

 

資格/実績

■資格

・国家資格キャリアコンサルタント

・産業カウンセラー

・GCDF-JAPAN

 

■実績

・中小企業へのコンサルティング100社以上

・「採用成功塾」サイト登録会員300社以上

・大手商社系 人材育成セミナー登壇50回以上

・大手企業 新人研修登壇50回以上

・個別カウンセリング1万人以上

・地方自治体主催のセミナー登壇

・大学での就職支援チームのスーパーバイザー

・採用セミナー登壇

・専門誌への寄稿

その他、人事、採用系実績多数

 

雑誌『介護人材』に寄稿

首都圏4年生大学の座談会に出席

GCDF-JAPAN資格


伴走役のスキルは障害者である弟の存在のおかげ

実は視覚障害者の弟がいます。そんな弟と沖縄旅行に行きました。

上の写真がその時の様子です⇧

 

弟は弱視ですが視野が極端に狭く知らない土地を歩くにはガイドが必要です。そんな弟を沖縄の街を歩くのにガイドしていると「兄貴はガイドがうまいよ!」と言ってくれました。

 

自分では当たり前にやっていたのですが「ちょっと段があるよ~」「この先登りになるよ~」などコンパクトで分かりやすい表現が良かったようです。弟に言われて気づいたのですが私はどうやら伴走役という役割が性に合うようです。

 

振り返ってみると大学生の就活サポートをしていた時も初めて就活をする学生に対し彼等がわかりやすい言葉やフォーマットを使って一万人以上の学生を就活を成功に導いていました。その経験は小さな組織のコンサルティングでもお悩みのある社長のカウンセリングでも大いに役立っています。

 

なぜなら小さな組織では「初めて〇〇をする」「知識が少ない」「難しすぎることは必要ない」ということが多いからです。またお悩みを抱えた経営者に対しても、まずは寄り添った伴走的な関わり方が大切だからです。

 

目指すは「謙虚なコンサルタント」

私の好きな本のひとつに「謙虚なコンサルティング」という本があります。

この本は私が敬愛するエドガー・シャイン博士の著書です。

心理学、社会心理学の専門家でコンサルティング、コーチング、カウンセリングの世界では大変著名な方です。

 

この著書「謙虚なコンサルティング」の中で博士は

クライアントとの関係性について

レベル1.取引上の、お役所的な、ほどほどの距離を保った関係

レベル2.個人的な関係

レベル3.親密さ、愛着、友情、恋愛感情

 

の三段階の分け、効果的なコンサルティングを行い結果に導くためには

レベル2の個人的な関係が一番良い、とおっしゃっています。

 

つまり、ある程度の信頼関係を個人的に築いて

良いことも改善点も率直にフィードバック出来る関係

と言えば分かりやすいでしょうか。

 

これがレベル1.であれば関係は遠すぎますし

レベル3.であれば近すぎるということになります。

コンサルティングを行って成果に導くにはレベル2.が丁度良いのでしょう。

 

私自身もお取引先との関係性はレベル2.を心掛けています。

 

 

最近は「コンサルタント」を名乗る職業の人が大変増えています。

残念ながら、専門知識はあるものの本来のコンサルティングの勉強を積み重ねた人は

ごくわずかといって良いと思います。

 

専門知識に詳しい=人や組織を導くことが出来る、わけではありません。

専門分野のコンサルタントとは専門知識があること+人や組織を導く力があることが重要です。

私自身の戒めも含めて、そのことはお伝えしたいと思いました。

 

事業の核となるもの

ライフクリエイションは発足以来、いかに人や組織をサポートするかというテーマでここまで走って参りました。私は単に表面的なテクニックや手っ取り早く即効性がある近道を伝えたいわけではありません。多少時間はかかっても根本的な解決に繋がる事、物事の本質に少しでも近づけることを軸に全ての事業に取り組んでおります。それは突き詰めると「人生を生き抜く力を養う」ためのサポートをすることです。

 

大げさで重たい感じがするかもしれませんが実はかなり日常的なことだと思います。あなたの日常生活における「心・技・体・衣・食・住・知」はどんなもので構成されていますか?それを毎日意識して良い物にすることで人生を生き抜く力を養えると私は考えています。