小さな会社の採用や育成サービスご案内

コンサルティングを受けることに対する疑問や不安、先入観があると思います。実際、お客様から良く聞く声は以下のようなものがあります。

 

「価格がいくらか不透明でわかりにくい」

「申し込み後もさらに請求されそうで怖い」

「そもそもコンサルティングの効果がわからない」

「小さな会社には先生をつける必要なんかない」



私自身も上記のようなご意見、ご感想をダイレクトにお聞かせいただくことも多いですし、同時にコンサルティング業界の問題意識も持っています。

 

そこで少しでもコンサルティングを受けることへの疑問や不安、先入観を解消して頂きたいという思いで「安心お申込みステップ」を設けています。

 

 

小さな会社のための「良い人を狙い撃ちして辞めさせない」メソッドの安心お申込みステップ

【STEP1】完全無料・小さな会社の採用や育成まとめてオンラインカフェ(個別相談・60分)に参加する

 

まずは60分完全無料のオンラインカフェ(個別相談)をご利用ください。

清水と直接お話頂くことでサービスをご利用頂く上で大切な相性のチェックにもなります。

また、セールスはありませんので安心してお気軽にご参加ください。

またご参加頂くことで以下のこともご理解いただけます。

 

✅採用の成功は会社の知名度や大きさとは関係ないことを知ってください

✅人が集まる求人票の具体的なコツをお伝えします

✅面接は何をどうすればいいのか応募者を見抜けるかわかります

✅離職率ゼロを目指す具体的な方法が見えてきます

✅今後、何をすれば良いかがハッキリします

 

 【STEP2】お試しコンサルティングお申込み(120分)1回限り

 

60分完全無料のオンラインカフェ(個別相談)をご利用頂き、

 

「もう少し試してみたい」

「さらに詳しく話が聞きたい」

「踏み込んだ相談をして試してみたい」

 

と思ったら【STEP2】お試しコンサルティング(税込10,000円)にお申込みください。

【STEP1】で出てきた問題点や課題の解決方法や進め方の流れを詳しくお伝えします。

 

また気になる費用のご相談、貴社のご予算についてもご相談に応じます。

ここでも無理なセールスはありませんので安心して体験してみてください。

 

【STEP3】貴社に合ったプランのご提案

 

【STEP2】のお試しコンサルティングも試してみて本格的なサポートを受けたいと思ったらプランのご提案をお申し付けください。【STEP2】でお聞かせいただいた内容を基にして貴社に合ったプランをご提案致します。

  

【STEP4】プランの摺合せ

 

ご提案させて頂いたプランについてご検討頂き、

 

「もっとこうしてほしい」

「このサービスについて聞きたい」

 

など、疑問点、ご不安をヒアリング致します。

  

 

 【STEP5】プランにお申込み→サービススタート!

 

ご納得頂ければ、ご希望プランにお申込み頂きます。

スタートの日程を調整してサービスをスタート致します。

 

私が「良い人を狙い撃ちして辞めさせない」メソッドを通してお伝えしたいこと

安心してください!貴社の採用がうまく行かないのは企業規模のせいでも知名度のせいでもありません。ただやり方を知らないだけです。

 

こんにちは。清水健太郎です。

 

私は2003年から約5千件の採用事例を見てきました。その9割以上が社員1000人以下の中小企業です。中には社員50名程度の零細企業もありました。それでも毎年、定期的に新卒の新入社員を採用し自社の戦力として、しっかり定着しています。

 

このような状況下でも採用がうまくいっている企業はあります。世間的には無名な企業であっても自社にマッチした採用が出来ているのです。中小企業だからと言って採用がうまくいかないわけではありません。

 

採用がうまくいっている中小企業の例をご紹介しましょう。

 

その会社は千葉県内にある専門商社です。従業員は50人ほど。

その会社の名前を挙げても多くの方は

「さあ、聞いたことがない」というような知名度です。

 

ところがこの企業はたった3つのポイントを実行しただけで、

それまで閑古鳥が鳴いていた自社の説明会が

毎回満席になるようになったのです。

 

「良い人を狙い撃ちして辞めさせない」メソッドとは?

 

このような中小企業でも・・・

 

✅求人票を出せばすぐに問い合わせが来る

✅自社の会社説明会が毎回満席になる

✅選考の辞退者はほどんどいない

✅応募者が是非入社したいと言う

✅どの応募者を採用しようか迷ってしまう

 

こんな夢のような状況を作り出せる自社だけのオリジナルの採用システム

「良い人を狙い撃ちして辞めさせない」メソッドに

ご興味ありませんか?

 

もしご興味があれば、この先もじっくりと読み進めてください。

3分もあれば十分に読んで頂けるはずです。

それだけでも役に立つはずです。

 

「継ぎ接ぎの採用対策はもうやめたい」と思っている経営者様へ

 

このメソッドが役に立つのは、こんな経営者様です。

 

✅はじめて採用をするのでやり方がわからない

✅地域的に情報量が少なく何が正しいかわからない

✅採用にかける予算が少なくどうしても独学になってしまう

✅採用についてゼロから見直したい

✅大手求人サイトに高額の求人広告を出しても人が集まらない

✅人材紹介に高額の成功報酬を払っているが採用した人材がすぐに辞めてしまう

✅説明会に労力ばかりかかるが中々選考に進んでもらえない

✅面接で良いと思っても入社したら思った人物と違った

✅自社の強みや特徴が中々若い世代に伝わらない

 

一方で、こんな経営者様には役立ちません。

 

✅社員数1000人以上の大きな企業である

✅採用代行や人材紹介に頼ろうと思っている

✅自分で考えようとせず答えを教えてもらいたいと思っている

✅正直、面倒なことは嫌いだ

✅これまでのやり方は間違っていないと考えている

✅人からアドバイスをもらうのは正直、好まない

 

いかがでしょうか?

貴社は「役立つ」タイプに当てはまっていましたか?

 

「良い人を狙い撃ちして辞めさせない」メソッド 3つのポイント

 

では、ここからが本番です!

 

採用や育成が上手く行っている企業の

3つのポイントについてお話しましょう。

 

私がこれまで見てきた採用がうまくっている

中小企業の共通点でもあります。

それをお伝えすると多くの方が拍子抜けされます。

 

それらの企業が行っているのは以下のことです

 

 

1.求職者が思わず応募したくなる求人票を作っている

2.応募者をファンにしてしまう面接を設計している

3.内定後、入社後のサポート体制を整えている

 

 

「たったそれだけ?」

「それならもうやってるよ」と思いましたか?

ちょっと待ってください。

 

もう少し詳しくみてゆきましょう。

小さな会社でも出来る「良い人を狙い撃ちして辞めさせない」メソッドの詳しい3つのポイントは以下の通りです。

 

1.求職者が思わず応募したくなる求人票を作りましょう

 

私は採用側の企業のサポートだけでなく、今も就職する側のサポートを続けています。

今年に入ってからも少なくとも1,000件以上の求人票を選別しており

 

「この求人票は求職者に魅力的だな~」

「この求人票では会社の魅力が伝わらない」

 

など、求人票の良し悪しをこの目で見てきています。

実際、この「求職者が集まる求人票メソッド」を活用することで

多くの中小企業がハローワークや無料求人広告を使って

広告費をかけずに人材の採用に成功しています。

 

 

 

2.応募者をファンにしてしまう面接を設計しましょう

 

貴社では面接をする前に最低限の準備が出来ていますか?

せっかく求人票が魅力的になって応募者が集まっても

面接で良い人を見抜けなかったり、応募者に悪い印象を与えてしまっては

もったいないですよね。

 

 

「面接のやり方がわからない」

「勘と経験で対応してしまっている」

 

 

という経営者や採用担当者がとても多いのです。

そこで勘と経験に頼らず面接がはじめてでも

「応募者をファンにしてしまう面接メソッド」を使うことで問題は解決出来ます。

 

実際、「応募者をファンにしてしまう面接メソッド」を使った企業様から

面接に来た応募者がその場で「入社したい!」と言ってきた

というフィードバックを頂き私も驚きました。

 

 

 

3.内定後、入社後のサポート体制を整えましょう

 

入社後のサポート体制について具体的かつ体系的になっている中小企業はとても少ないです。同時に離職防止の必要性を訴えるコンサルタントは多くいますが離職防止の具体策をアドバイス出来るコンサルタントが少ないのも事実です。

 

その鍵となるのが「人材育成型・人事評価制度メソッド」です。

 

 

人事評価制度を給与体系や賞与策定のために導入されている企業は多いですが

そもそも人事評価制度の本来の目的は人材を育成することにあります。

 

 

人材育成を目的とした人事評価制度があると以下のようなメリットが生まれます。

 

・研修をしなくても人が育つ風土が出来る

・上司と部下のコミュニケーションが良くなる

 

・社員が目標に向かって自主的に働くようになる

 

 

採用や育成がうまくいっている中小企業は

少なくとも上記3つのポイントを抑えて確実に実行していたのです。

 

 

 

「大変そう・・・」とちょっと

ガッカリしませんでしたか?

 

 

決してそんなことはありません。

 

「良い人を狙い撃ちして辞めさせない」メソッドは

この3つのポイントをどのような企業でも簡単にわかりやすく段階的に出来るように設計してあります。

 

話を聴く、伴走する、が私の原点

ここで、簡単に私のプロフィールをご紹介致します。私は2008年に独立し主に若手人材を育成する分野で仕事をして参りました。現在は学生から経営者までを対象に、就職したい人から採用したい企業のサポートを大人数のセミナーから個別カウンセリングというスタイルで行っております。セミナーの登壇数は1000回以上、個別カウンセリング人数はのべ1万人を超えました。原点になっているのは「話を聴く」ことが得意だと言う自己認識です。幼少期に体が弱かった私は自然と人の話を聴く側に回ることが多くなっていました。

 

<代表 清水健太郎 プロフィール>

1970年さいたま市(旧大宮市)生まれ。幼いころから体が弱く中学卒業くらいまで喘息で入退院を繰り返していた。引っ込み思案の性格も合わさっていじめの対象になることも多々。そのせいか弱者や出来ない方の気持ちがわかるようになり自己主張を強くするというより人の話を良く聴くという特徴が磨かれる。

 

大学卒業後は百貨店に就職。10年勤務の後、「話を聴く」ことを活かしたくカウンセラーの資格を取得しました。専門学校の就職課で学生の就職相談に乗る仕事を5年務めた後、独立。現在に至る。独立後は大学で学生の就職支援業務、企業で研修及びコンサルティングに従事。これまでの相談件数は1万人以上、登壇回数は1千件以上。

 

伴走役のスキルは障害者である弟の存在のおかげ

実は視覚障害者の弟がいます。そんな弟と沖縄旅行に行きました。

上の写真がその時の様子です⇧

 

弟は弱視ですが視野が極端に狭く知らない土地を歩くにはガイドが必要です。そんな弟を沖縄の街を歩くのにガイドしていると「兄貴はガイドがうまいよ!」と言ってくれました。

 

自分では当たり前にやっていたのですが「ちょっと段があるよ~」「この先登りになるよ~」などコンパクトで分かりやすい表現が良かったようです。弟に言われて気づいたのですが私はどうやら伴走役という役割が性に合うようです。

 

振り返ってみると大学生の就活サポートをしていた時も初めて就活をする学生に対し彼等がわかりやすい言葉やフォーマットを使って一万人以上の学生を就活を成功に導いていました。その経験は小さな組織のコンサルティングでもお悩みのある社長のカウンセリングでも大いに役立っています。

 

なぜなら小さな組織では「初めて〇〇をする」「知識が少ない」「難しすぎることは必要ない」ということが多いからです。またお悩みを抱えた経営者に対しても、まずは寄り添った伴走的な関わり方が大切だからです。

 

どうせ、うちなんか採用出来ない・・ と悩み、あきらめていませんか?
「いえ大丈夫です。 ただやり方を知らないだけです。」    
例え小さな組織でも面接で「入社したい!」と言わせちゃう方法にご興味ありませんか?

理想の状況を作りたくありませんか?

魅力的な求人票を書いて応募者を集めるには?

☑応募者をファンにする求人補足資料とは?

☑面接で応募者に共感されながらも、しっかり見抜く方法とは?

☑無駄な経費を掛けなくても採用出来る仕組みを作るには? 

☑社員が辞めない会社を作るには

 

理想に近づくには理想のステップが必要

『良い人を狙い撃ちして辞めさせない』メソッドではきめ細かいステップで貴社の採用育成を成功に導きます。

 

『良い人を狙い撃ちして辞めさせない』メソッドは私が5,000社以上の企業の求人票や採用パターンを見てきた経験から採用育成が上手く行っている会社、採用育成が上手くいかない会社の共通点をメソッド化したものです。

 

 

上記のような理想の状況を目指すためには一気にゴールを目指すのではなく、細かいステップを着実に消化することで理想の状況に向かう近道になります。

 

 

コンサルタントの本当の役割は「あれしろ、これしろ」と指示的に接するのではなく、

難しいことをいかにわかりやすくするか、大きな山に登る道をいかに上りやすくするか、

考えられるリスクも伝えながらいかにガイド出来るかであると私は考えています。

 

 

『良い人を狙い撃ちして辞めさせない』メソッドを使って小さな会社の採用や育成を成功に導きます。

 

 

貴社の真の採用課題、見えていますか?

頭が痛いから頭痛薬を飲む、胃が痛いから胃薬を飲む。ちょっとした病気にはこれで良いのかもしれません。しかし、もし慢性化していたり症状が深刻であれば根本的な治療が必要ですよね。

 

これは採用課題にも言えることです。応募者が集まらないから広告費を増やすといった表面的な対策に終わっていないでしょうか?将来的に継続して良い人材を獲得し続け真の採用成功を目指すには、まずは貴社の採用のどこに根本の問題があるのかを考える必要があります。

採用成功塾が考える昨今の採用懸念

このまま問題を放置するとどうなりますか

 

コロナ禍において採用市場の状況は一変しました。
解雇や雇い留めが相次ぎ採用市場には人材が多くなっています。
だからといって何も策を打たずに人が集まって来る時代ではありません。
このチャンスを逃さないためにも自社オリジナルの策を打って
理想の人材の獲得を目指しましょう。

【お客様の声】

メーカーA社 代表取締役

運送会社B社 代表取締役社長 

住宅設備C社 代表取締役

コンサルタントD社 代表取締役

こんな経験に心当たりありませんか?

 

求人票と向き合ったが、、、

「何を書けば良いかわからず、結局適当に仕上げてしまった・・・」

 

会社説明会の担当になったが、、、

「これといった方法がわからず言いたいことだけ言って終わった」

 

面接をすることになったが、、、

「何を質問したら良いかわからず思い付きで質問した」

 

 

もし貴社がこのまま

求職者の就活実態もわからず

 

求人票に何を書くべきかわからず

会社説明会でのシナリオもなく

適当に面接をしていたら・・・

 

仕事を多く抱えた現場の社員はどうなりますか?

世間からの評価はどうなりますか?

何より会社の未来はどうなりますか?

 

なぜ私がここまで危機感を

煽ると思いますか?

 

仮に貴社が採用に対してこれといった戦略もなく

ただ漫然と求人票を出して学生を待っているだけの採用であるならば

 

3年後さらに人材を確保することは難しくなるでしょう。

 

その理由は以下の内容にあります。

 

若者の減少は続き小さな会社の採用はさらに難しい環境になる

 

確かにAIの進化もあり、業務の効率化を進めることで

売り手市場一辺倒の状況は転機を迎えています。

しかし採用側からすれば残念なことに若者の人口が減り続けているのです。

 

それに輪を掛けるように出生率の低下です。

以下のデータをご覧ください。

 

【18歳人口の推移】

1992年 205万人

2009年 121万人

2031年 104万人(予測)

 

つまり今後も若者は減り続け採用のターゲットになる

大学生や専門学生、高校生はどんどん少なくなるという事実があるのです。

 

多くの企業はさらに人出不足になり

少ない若者を多くの企業が奪い合うという

中小企業には一層厳しい現実が予想されるのです。

 

迷っているならまずは完全無料のオンラインカフェ(個別相談)から第一歩を踏み出しましょう!

 

案内してサービスを受けて頂くために、まずは完全無料のオンラインカフェ(個別相談)をオススメしています。今なら無料プレゼントもご用意していますのでお気軽にご参加ください!お会いできるのを楽しみにしております。

 

完全無料のオンラインカフェの詳しいご案内は下記を詳しくしてご覧ください。

FAQ よくあるご質問

Q.どのようなサービスがあるのですか?

 

A. 面接サポート~総合的な採用サポートまでコンサルティングを行います。

 

是非、一度『完全無料のオンラインカフェ(個別相談)』にご参加ください。

貴社の実情やお悩み、ご希望に合わせたプランをご提案致します。

いくつか過去の事例をご紹介致します。

 

【例1】中途採用で管理職候補を採用したいA社

■北関東エリア、従業員80名規模

■期間:6か月

■回数:12回(1回あたり、約3時間)

■ミーティング参加者:社長、専務、人事部長

■ミーティング内容:

①未来の組織図を考える

②採用の他社分析

③求職者の思考分析

④求める人物像の具体化

⑤求人票の添削

⑥面接官研修

⑦面接評価表の作成

⑧応募者の合否判定サポート

⑨入社後の育成方法について

⑩既存管理職の育成について

■成果:管理職人材3名採用

 

【例2】高校生の採用を複数事業所で行いたい

■南関東エリア、従業員100名規模

■期間:9か月

■回数:10回(1回あたり、約3時間)

■ミーティング参加者:社長、本部長、総務部長

■ミーティング内容:

①未来の組織図を考える

②採用の他社分析

③求職者の思考分析

④高校訪問の戦略立案

⑤求める人物像の具体化

⑤求人票の添削

⑥高校訪問担当者育成研修

⑦面接評価表の作成

⑧面接官研修

⑨会社説明会シナリオ設計

⑩来期の戦略会議

■成果:高校生5名採用

 

【例3】新卒学生の採用を何とかしたい

■南関東エリア、従業員30名規模

■期間:15か月~継続中

■回数:30回(月2回ペース、1回3時間)

■ミーティング参加者:専務、採用担当者

■ミーティング内容:

①自社の分析

②求職者の思考分析

③採用の他社分析

④未来の組織図を考える

⑤大学訪問の戦略立案

⑥求める人物像の具体化

⑦求人票の添削

⑧面接評価表の作成

⑨面接官研修

⑨会社説明会シナリオ設計

⑩会社説明会リハーサル

⑪面接同席

など

成果:新卒学生2名採用

 

【例4】面接官のスキルアップを図りたい

■南関東エリア、従業員300名規模

■期間:3か月

■回数:6回

■参加者:社長、本部長、その他面接官担当者

■内容:

①求める人物像の明確化

②面接評価表の作成

③面接官トレーニング

④面接への同席×複数回

■成果:面接官の不安解消、合否判定の共通化、ミスマッチの減少

 

【例5】採用と入社後の育成を1から勉強したい

■北関東エリア、従業員20名規模

■期間:9か月~継続中

■回数:15回(月1,2回、1回2~3時間)

■ミーティング参加者:専務、部長

■ミーティング内容:

①自社の分析

②採用の他社分析

③求職者の思考分析

④未来の組織図を考える

⑤求める人物像の具体化

⑥求人票の添削

⑦面接官研修

⑧面接評価表の作成

⑨応募者の合否判定サポート

⑨入社後の育成方法について

⑩人事評価制度の導入について

⑪業務の棚卸実施

⑫評価項目の決定

⑬評価基準の策定

⑭評価シートの作成

⑮人事評価のシミュレーション実施

■成果:中途採用で若手人材2名採用、その後も定着

 

■北関東エリア、従業員20名規模

■期間:9か月~継続中

■回数:15回(月1,2回、1回2~3時間)

■ミーティング参加者:専務、部長

■ミーティング内容:

①自社の分析

②採用の他社分析

③求職者の思考分析

④未来の組織図を考える

⑤求める人物像の具体化

⑥求人票の添削

⑦面接官研修

⑧面接評価表の作成

⑨応募者の合否判定サポート

⑨入社後の育成方法について

⑩人事評価制度の導入について

⑪業務の棚卸実施

⑫評価項目の決定

⑬評価基準の策定

⑭評価シートの作成

⑮人事評価のシミュレーション実施

■成果:中途採用で若手人材2名採用、その後も定着

 

Q.費用はどのくらいですか?

 

A. 貴社の状況、ご希望などのよりお見積り致します。

 

完全無料のオンラインカフェにご参加頂き詳しい状況をお聞かせください。

 

 

Q.本当に成果が出るのですか?

 

A. 成果が出る企業様にはパターンがあります。

 

これまで多くの企業様をサポートしてきた経験から

成果が出る企業様には決まってパターンがあることがわかってきました。

 

1.実行に移すスピード感がある

ミーティングで決まったことを即、実行してくださるご担当者様がいる企業様は

成果も出やすくスピード感があります。

 

逆に上層部だけで話し合って結局、決めたことを実行出来ない企業様は

成果が出にくい、又は時間がかかることが多いです。

 

2.「まずはやってみる」という気持ちがある

私の言うことは絶対ではありません。

ただ過去の成功事例を体系化しているので

その通り実行して頂くことで間違いなく成功する確率はアップします。

 

ご担当者様によってはご自分のやってきたことにプライドがあり

ミーティングで決まっても実行に移されないケースがあります。

結果的に成果が出にくくなることが多いようです。

 

3.良くなりたいという意欲が旺盛

業界や企業規模、経験などに関わらず

良くなりたい、良くしたいという意欲が旺盛な企業や担当者様ほど

成果があがる確率は高いようです。

 

Q.地方の企業ですがサポートして頂けますか?

 

A. はい、オンラインまたは動画でのサポートが可能です。

 

採用成功塾では以前よりオンライン、動画でのサポートを導入しております。

新型コロナウイルスの影響がある現在、お互いの負担を減らすために

オンラインまたは動画でのサポートを推奨しております。

 

Q.オンラインに慣れておらず不安です

 

A. 恐らく問題ありません。

 

オンラインに慣れていない方でも最初から丁寧にサポートいたします。

皆様すぐになれるようです。どうぞご安心ください。

 

通信環境についてはあらかじめ確認頂けますとスムーズに進めることが出来ます。

 

 

Q.支払い方法はどうなっていますか?

 

A. 銀行振り込みにてお願いしています。

 

お申し込み後、指定の銀行口座をお知らせします。

振込手数料は貴社にてご負担ください。

 

Q.分割払いなどは可能でしょうか?

 

A. はい、可能です。

 

お見積り時に分割と一括払いをご提案致します。

 

Q.完全無料のオンラインカフェに参加すると契約させられそうで不安です

 

A. そのようなことはございません。安心してお気軽にご参加ください。

 

コンサルティングを実施するにはお互いの相性もとても大切です。

相性を確かめて頂く上でもお試しキャンペーンに参加をオススメしております。

 

また無理に契約をオススメするような行為は

一切いたしませんのでお気軽にご参加ください。