従業員50名以下の小さな組織に特化した  『採用人材育成相談』

採用や人材教育の悩みを根本解決出来ていますか?

 

リーダーと呼べるにふさわしい人財がいない、育たない

✅求人票を出しても応募が少ない

✅面接にはミスマッチなひとばかりが来る

✅社員のマナーや言葉遣いが一向に良くならない

指示待ちタイプの社員が多くてどうにかしたい

✅社員に伝えたいことが上手く伝わらない

売上がここ数年横ばいだ

✅ウチの社員は会議でちっとも発言しない

✅研修をやっても効果があがらない

できる人から辞めていく

もし上記に、ひとつでも当てはまることがあれば、

 

解決策をお伝えしますので、このままこのページを読み進めてください

 

採用や人材教育で以下のような経験、ありませんか?

 

求人票と向き合ったが、、、

「何を書けば良いかわからず、結局適当に仕上げてしまった・・・」

 

会社説明会のプレゼンをすることになったが、、、

「これといった方法がわからず言いたいことだけ言って終わった」

 

面接をすることになったが、、、

「何を質問したら良いかわからず思い付きで質問した」

 

人材教育のため研修を企画したが、、、

「当日は良いアンケート結果だったが、少し経つと熱が冷めて効果はイマイチだった」

 

人事評価制度を導入したが

 

「第3者に丸投げで構築したので、形骸化してしまい行き詰まっている」

 

 

安心してください!貴社の採用がうまく行かないのは 企業規模のせいでも知名度のせいでもありません。 ただやり方を知らないだけです。

 

首都圏以外の小さな組織や中小企業でも

 

✅求人票を出せばすぐに問い合わせが来る

✅自社の会社説明会が毎回満席になる

✅選考の辞退者はほどんどいない

✅応募者が是非入社したいと言う

✅どの応募者を採用しようか迷ってしまう

✅社員が率先して仕事を見つけるようになる

✅取引先から社員を褒めてもらえるようになる

✅離職者ゼロを実現出来る

 

という状況を作りだすことは決して夢ではありません。

 

 

成長している会社は採用や人材育成の正しいやり方を知っています

 

採用や人材教育など「人」に関わる問題解決は難しいですよね。

特に従業員50名以下の小さな組織や中小企業では採用や人材教育に関する

予算やマンパワーも不足していることも良くわかります。

 

ですが、これまで5,000社近い事例を見てくると採用や人材教育が上手く行っている会社の共通点は

会社の規模や知名度ではないことが良くわかります。

 

中には社員50名程度の小さな組織でも毎年、定期的に新卒の新入社員を採用し

自社の戦力として育てあげている会社も現実に存在します。

 

世間的には無名な企業であっても自社にマッチした採用が出来ていて

入社後の人材育成もしっかり出来ているので離職率軽減も実現しています。

中小企業だからと言って採用や人材育成がうまくいかないわけではありません。

 

小さな組織や中小企業ならではの『採用や人材育成』のやり方を抑えて実行しています。

 

 

多くの会社が自社に合った採用や人材育成の仕組を作れていない5つの原因

 

 

①採用したい人物像や育ってほしい人材像の言語化が出来ていない

まず、出発点として、採用したい人物像や入社後に育ってほしい人材像について「言語化」することが重要です。

求職者に対して「このような人物に入社して欲しい」と発信することで自社にマッチした応募者が集まり

入社後も「こんな人材に育ってほしい」と全社で共有することで人材育成に大いに効果があります。

 

②面接や面談の機会を十分利用出来ていない

採用においても人材育成においても面談や面接の機会はとても重要です。

採用面接においては応募者の人物を見極めたうえで自社の良さを伝える機会に出来ます。

人材育成においては日頃の業務内容をお互いにすり合わせる面談をすることで社員のやりがいが促進されます。

 

③採用から人材育成までの流れを体系化出来ていない

採用と人材育成を一貫した流れで考えることで離職率軽減や組織に利益や経費削減をもたらす人材を育てる効果も期待出来ます。

 

④求人広告会社や研修会社のペースで実行している

採用や人材育成を実行しようとしたとき求人広告会社や研修会社に依頼した経験があるかもしれません。

効果的に使えれば良いのですが中にはサービス提供側の論理で、言いなりに近い状態になっているケースも少なくありません。

本当の意味で自社の為を考えて寄り添ってくれているかチェックすることが重要です。

 

⑤どうせ無理だと最初からあきらめている

小さな組織や中小企業にありがちですが、「どうせうちなんか」というあきらめの心理状態が

負の連鎖を招いていることが良くあります。これでは最初から上手くゆくはずがありません。

従業員が少なくても売上規模は小さくても綺羅星のごとく輝いている会社は沢山存在します。

 

小さな組織や中小企業の採用、人材育成を全力で応援します!!

今の世の中で企業の採用や人材育成をサポートするサービスは様々存在します。しかし残念ながら、その多くがサービスを提供する側の考え方の下にサービス提供が行われていることが大きな問題点だと私は思っています。また採用や人材育成のサービスの多くが大手企業をターゲットに考えられたものが多く、小さな組織や中小企業の特性を理解した内容になっていないのも事実です。

 

もっと本気で小さな組織や中小企業のことを考えた採用や人材育成のサービスがあれば良いのに・・・

 

私は常々、そう思ってきました。ライフクリエイションがご提供させて頂くサービスは従業員50名以下の小さな組織や中小企業に特化した内容になっています。また採用や人材育成の課題を根本的に解決することによって自社の利益や経費削減にも貢献し10年後も自社に根付いて成熟した社風を作り上げることを目的としています。

 

完全無料・小さな会社の採用や育成まとめてオンラインカフェ(個別相談)をご利用ください!

 

ここまで読んで頂き、少しでもご興味があるようでしたら

どうぞお気軽に『完全無料・小さな会社の採用や育成まとめてオンラインカフェ(個別相談)』をご利用ください。

 

『完全無料・小さな会社の採用や育成まとめてオンラインカフェ(個別相談)』は以下のような企業にオススメです。

 

☑高い求人広告を出しても応募がない

☑採用は出来ても離職率が高くて困っている

☑若手を採用出来ないと会社の将来に不安がある

 

☑何度も言っているのに全く改善しない

☑研修をやってもちっとも効果が上がらない

☑若い人が何を考えているのかわからない

☑地域的に情報量が少なく何が正しいかわからない

☑地域的にセミナー会場などが遠く勉強も出来ない

 

『完全無料・小さな会社の採用や育成まとめてオンラインカフェ(個別相談)』にご参加頂くと以下のようなことがわかります

 

✅応募者を魅了する武器の作り方

✅幹部候補生を採用するポイント

✅根拠を持って媒体選定をする方法

✅応募者をファン化する面接の秘策

✅10年後も超黒字人財を採用し続ける流れの作り方

✅丸投げ型の人事評価制度がうまくいかない理由

✅パッケージ型の人事評価制度に魅かれる理由

✅人材育成型の人事評価制度が中小企業に向いている訳

✅人事評価制度を年に一度はメンテナンスするべき理由

✅評価面談で社員を勝手に成長させるコツ

✅なぜ研修をやっても効果が上がらないのか

✅出来る社員から辞めていってしまう理由

✅人材育成型の人事評価制度が採用にも役立つ理由

✅評価する側も評価される側も楽になる人事評価制度の作り方

✅人材育成をスムーズにスピード感をもって出来るノウハウ

✅社員がモチベーションを持って仕事に取り組む面談のやり方

✅10年後も使える自立人材を育て続ける人事評価制度

 

など採用や人材育成に関する内容の中から貴社の課題にフォーカスして問題を整理し

次なる一歩を踏み出すための具体的な方針をアドバイスいたします。

 

ライフクリエイションの3つの事業内容

採用支援事業

人材育成支援事業

癒しの茶室事業


1.採用支援事業

2003年より『採用する側』と『就職する側』の両者をサポートする仕事を行い、5千件もの採用事例を見てきた経験を活かして中小企業を中心の採用のアドバイスを送っています。あれしろ、これしろの指導的関わりではなく、常に一緒に考えるスタンスが信頼を得ています。

 

応募者の集め方から面接官の指導、説明会でのプレゼン指導まで総合的に行っています。その中でも特に初めて採用をする会社、採用を見直したい会社に対して実施している『採用のガイドライン構築プロジェクト』が特に好評です。

面接官支援

正しい知識なく面接をすることは極めて危険です。セミナー、ロールプレイを通して時には同席をしてサポートします。

プレゼンター支援

誰でも最初は人前で話すことは難しいもの。でもコツを掴めばすぐに聴衆を巻き込めるプレゼンが出来るようになります。

ガイドライン構築

多くの経営者が言うのは「自社に採用ガイドラインが無い」という嘆き。これからは自社オリジナルのガイドラインが必要です。


2.人材育成支援事業

社会に出る前の若者、社会に出た直後の若者の支援を行っています。また、キャリアカウンセラーのスキルアップや新人インストラクターの為の新人育成術なども伝授しています。

若年者支援

大学生のキャリア教育。就職活動支援。

2003年より約8,000件以上の面談経験。

授業、セミナー登壇件数も1,000件以上。

企業研修

【登壇テーマ】新入社員研修、OJTインストラクター研修

【実施企業】大手総合商社グループ企業、大手生命保険会社、IT・通信関連企業、人材関連企業、専門商社

人事評価制度構築

小さな組織のための人事評価制度構築をお手伝いしています。設計のお手伝いだけでなく、その後の運営についてもアドバイスをしています。

 


3.2代目社長のご相談スペース「癒しの茶室」

日常を離れる

 都心のオフィス空間でセッションをしても結局は仕事の一環になりがち。思い切って環境を変えてみましょう。「癒しの茶室」は新宿駅徒歩10分とは思えない「和空間」を貸し切って行います。参加者はここに来るだけで「癒される」と話しています。

 

定期的な内省時間

定期的に内省する時間を作りましょう。定期的に誰かに悩みを話す時間を作りましょう。目標を作りたい人は作ればいいですし必要無い人は作る必要はありません。

利害関係者不在の空間で安心安全に話が出来る仕事から遊びまで経験豊富なカウンセラーがホワイトボードを使って現状を可視化するセッションもあります。

伴走者が必要な理由

 カウンセラー自身はあくまで伴走者です。主役はあなた自身です。あれしろこれしろと指示的にアドバイスすることはありません。ただ、あなたと接する中で見えたことを客観的にお伝えすることはあります。


4.障害者支援事業

私の実弟・清水康太郎の支援を通して障害者の皆様だけでなく、健常者の皆様にも希望を持って生きる力をご提供しています。

名刺の点字入力サービス

名刺交換の際のインパクトはもちろん、社会的信頼度、貢献度がアピール出来ます。詳しくはお問い合わせください。

ある視覚障害者の就労奮闘記インタビュー

清水康太郎は視覚障害だけでなくに両手を痛め、両手の変形、力が入らなくなる障害もある。そんな彼が60社もの就職活動をと通して手に入れた物とは。障害者だけでなく健常者にも是非読んで頂きたいインタビュー。

清水康太郎・講演活動

清水康太郎本人がこれまでの生き様や体験と通して伝えたいメッセージを講演活動をとしてお届けします。詳しくはお問い合わせください。